2012年9月30日

「言葉」というのは「色」と似ている

ちょっと前の年寄りは、信号機の「青」を「緑」と言った。昔はきっと「緑」で正解だったのだろう。でも今は「青」が正解だ。見た目の色が違っているから? いや、そうじゃないと思う。なぜなら、俺が子どものころ、信号は「青」だと教わったが、年寄りは同じ色を見て「緑」だと言っていた。

 俺がピンクと思っているものだって、若い子からすれば、ショッキング・ピンクとかビビッド・ピンクとかパステル・ピンクとか、いろいろあるのだと思う。いや、俺がピンクと思っているのが実は「赤」に入っているのかもしれないし、もっと違う色なのかもしれない。

 「にやける」の正解が1割だったからといって、残り9割が同じ意味を共有しているとは限らないけれど、半数くらいは「大体同じ意味」を共有したはずだ。1割しか正解されない「言葉」の「意味」は、より多数が共有する「意味」を正解として良いんじゃないだろうか。
「まったり」「がっつり」多用=20~30代の半数超-「にやける」正解は1割台

20~30代の6割以上が「ゆっくり、のんびりする」の意味で「まったりする」を使い、7割の人が「にやける」(なよなよしている)の意味を取り違えていたことが20日、文化庁の国語に関する世論調査で分かった。  言葉遣いに気を使っている人は、10~50代の各年代で8割を超えるなど、過去2回の調査と比べ最多だった。  一方、話し言葉として新語を普段使うか尋ねると、「まったり」や、「しっかり、たくさん」という意味で「がっつり」を使うと答えた人は10代でほぼ半数、20代で6割を超えた。  「中途半端でない」という意味での「半端ない」、「正反対」を表す「真逆」を使う人も10代で6割を超え、10~30代を中心に新語を使う人の割合が高かった。  一方、「にやける」や「割愛」(惜しいものを手放す)の意味を正しく理解していた人は1割台にとどまり、それぞれ「薄笑いを浮かべる」、「不要なものを捨てる」と間違えている人が多かった。「舌先三寸」を「口先三寸」とするなど慣用句の誤用も目立った。  文化庁国語課は「言葉は変わっていくので、全て誤用と言い切れない」とする一方、「意味を理解せぬまま誤った使われ方を見聞きし、そのまま覚えてしまうのではないか」としている。(2012/09/20-17:10)

寝姿ドーン

IMG_3979

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム


いやー、面白かった。まさにジェットコースター・ムービー。前作に負けず劣らず、二番煎じ感もなく、良い映画だった。続編出たら観るだろうな。ちなみに、小説は読んだことがない。

砂漠

砂漠
前半は真面目に読んでいたが、途中から飛ばし飛ばしになった。読むのをやめても良いレベルだったが、とりあえず最後まで到達。読後感は、「時間がもったいなかったかなぁ」。amazonでの評価はやたら良いが、お勧めしない。

2012年9月29日

酒呑まれ

酒呑まれ

酒好きで、酒に呑まれる著者の酒にまつわる半生を綴った本。前半、酒を飲み始めた小学生のころの話には思わず吹きだし、中盤から後半、著者の飲み方になんとなく共感を覚える。思わず酒を飲みたくなる一冊(そして実際に飲んだ)。

グラスぺろぺろ

P9080689

P9080690

P9080691

P9080692

P9080694

P9080695

P9080701

P9080707

P9080708

P9080709

P9080710

P9080714

生活の裏側

IMG_1100

2012年9月28日

メニュー選び

P9080673
まずはカメラ目線。

P9080674
真剣な眼差し(笑)

P9080675
食い入るように見つめる(笑)

P9080676

P9080677

P9080680

P9080683
「えーっと、離乳食はあるかな?」

でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相

でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相
この本は非常に面白かった。面白いなんて感想は、この事件でやり玉に挙がってひどい目に遭ってしまった教師にとっては腹立たしいかもしれないが……。それにしてもひどい両親がいたものだ。モンスター・ペアレントという言葉では生ぬるさを感じる。もはや病的レベルなのだ。

この本に出てくる原告の母親は、自分にアメリカ人の血が入っているに始まり、様々な嘘のプロフィールを言い連ねる。そして、それが裁判所で暴かれると、それを覆い隠すような嘘を塗り重ねていく。その嘘の上塗りがなんとも痛々しい。こういう嘘をつく輩に、ロクな奴はいない。いや、そんなにすぐバレるような嘘をつく奴なんていないだろ、と思うかもしれないが、皆が思っている以上にそういう人というのはいるものだ。ただ、嘘に気づかないだけで。

これは是非とも学校関係者に読んで欲しい一冊。

影のおねしょ

IMG_1418
干した布団にうつる影がおねしょに見えてw

2012年9月27日

昨日で生後7ヶ月!!

e0197295_22143216
昨日で生後7ヶ月!!
これまでは無事にすくすくと育ってくれた。

サクラからしたら曾祖父にあたる妻の祖父が体調を崩しているので、現在はお見舞いで女2人帰省中。

そうそう、9月24日の夜には弟から連絡があり、サクラの一学年下になる従弟が生まれたとのことだった。俺の母からしてみたら、昨年5月から今までで孫が3人生まれて、2人から一気に5人に増えた。何人まで増えることやら。

古びた石階段

IMG_1085

火怨 北の燿星アテルイ

火怨 上 北の燿星アテルイ
火怨 下 北の燿星アテルイ
上下巻と一気読み、そして泣いた。読み始めるまでは、歴史小説かぁ、ちょっと固そうだなぁ、なんで買っちゃったんだろうなぁ、厚くて本棚の場所をとっているから早めに読まなきゃだな、くらいのレベルだった。ところが、読み始めると、そこに描かれている漢気に胸打たれて、それに知略謀略の見事な成功が痛快で、ぐいぐいと読まされた挙げ句に、最後は泣いた。

タイトル、サブタイトルともにちょっとダサくて手を出さない人が多いかもしれないのだが、これを食わず嫌いはもったいない。

2012年9月26日

寿司屋にて

P9070661

P9070666
せっかくだから特上1900円を。

黄色い蜃気楼

黄色い蜃気楼
船戸与一が描くクライム冒険小説。船戸の文章は凄くクセがあると思うが、それが妙に心地いい。ハマって一気に読んでしまった。船戸の本で評価の良いものは何冊も買い込んでいるので、またしばらくしたら読むことにする。お勧め。

くさり

IMG_1080

2012年9月25日

パパのワイシャツをかけられて

IMG_3954

IMG_3956

ホテルの風呂の窓

IMG_1646

院長の恋

院長の恋
佐藤愛子を初めて読んだ。85歳でこれ書いたのか、と僭越ながらも感心してしまった。面白かったけれど、佐藤愛子の本を次々と読んでみようという気にはならなかった。

マネーボール

もの凄く面白かった。野球にはあまり興味がないのだが、それでもかなり楽しめた。野球の試合そのものはあまり関係のない内容でもあったし。

野球に興味はないと言ったものの、今年のパ・リーグの混戦模様は面白く、各チームのデータをザザッと眺めて「へぇ」なんて思ったのは確かだ。

お勧めの映画。

<関連>
プロ野球パ・リーグの順位表が面白い

2012年9月24日

ママの膝の上で

IMG_3941
まずはくつろぎモード。

IMG_3935
あっかん、

IMG_3936
べ。

IMG_3943

IMG_3944

IMG_3946

ウォーキング・デッド シーズン2 4-6巻

ハッキリ言って、ストーリー展開が雑。これまで丹念に練り上げてきた人間像、織り込んできた人間関係などを一気に吹き飛ばすような、そんな感じ。6巻の最後なんて、登場人物を整理するための殺戮臭がプンプンしてしまった。

原作では、農場の後に刑務所に辿りつく。シーズン2でそこまで行くかと思ったら遅々として話が進まず、「もしかしたら刑務所シーンはスケールがデカくて映像化が無理なのかな」と思ったが、6巻の最後の最後でそれらしき建物が出てきたので、刑務所以降はシーズン3なのだろう。

原作では主人公リックがどんどん独善的になっていくのだが、ドラマ版では人間の負の一面をリックの親友ショーンが担っていた。それもついに登場人物整理に追いやられてしまって……、そのかわり、という感じで6巻の最後で一気にリックが独善的になってしまう……、あぁ、雑だ。

ところで、シーズン2の4-6巻を通して、リックの妻であるローリ、この女にもまたイライラさせられてしまった。世紀末的な世界でこういう奴がいたら、きっとチームは滅びる。

いやー、原作と比べるとなんだかヘンテコな展開になってきた『ウォーキング・デッド シーズン2』。シーズン3で盛り返すのか、それとも萎むのか。原作も読んでいるファンとしては、ちょっと期待ハズレなシーズン2だっただけに、シーズン3が不安である。

裏側

IMG_1357
家の裏側にはちょっとした情緒のあることが多い。

2012年9月23日

離乳食に慣れてきたかなぁ

P9070656

P9070657

P9070658

漁町ぶらぶら

IMG_1083

IMG_1084

IMG_1089

IMG_1090

IMG_1091