2012年4月24日

とある事件の精神鑑定

被疑者は精神科に通院歴があり、その主治医が俺だった。この被疑者、というか患者、というか、やっぱり被疑者かな……、小学校に数回にわたって脅迫電話をかけ、逆探知と録音をされて逮捕されるに至った。精神鑑定するにあたって、その録音したテープを聞いて欲しいということで、検察から捜査官(?)が携帯用のカセットプレイヤーを持って来たのだが……。

再生すると、

「むぉぅしむぉうし、くぉちぃらぁはぁ……」

と、明らかにテープの回転数遅いだろという会話が流れ始めた。捜査官も「あれ?」という感じで、何度もプレイヤーを確認。ピッチを上げたり、いろいろ試した挙句、

「あぁあぁあぁあぁ……」

そう言って、捜査官、苦笑。

「すいません、電池買ってきます」

をいっ!!
電池切れかよw


<関連>
ドキュメント 精神鑑定
彼女は、なぜ人を殺したのか
正解はないが、無知偏見による間違いはある 『精神障害者をどう裁くか』
福祉の網目は疎にして漏らす大雑把、こぼれた人たち 『累犯障害者』

0 件のコメント:

コメントを投稿